アイコン

立爪+V字リングでちょっと豪華

立爪+一文字リングでちょっと豪華

こんなお客様の声におこたえして作らさせていただきました。

複数の着けなくなったジュエリーを
1つの使えるジュエリーにリフォームしました。
お気軽にご相談下さい。

立爪のダイヤ指輪と一緒に着けるのが流行っていたVリング、一文字リング(1980年代)を
どうにかしたい。と悩まれてるお客様が多いようです。
立爪とVリング一文字リングを重ねて豪華により指先を美しく演出する。
80年代当時指輪は晴れの日(結婚式や入学卒業式)に着けるためにデザインされていました。
時代が変わり今では立爪は引っかかって使いにくい指輪になってしまいました。
今では背が低く引っかかりがなく真ん中に立爪のダイヤを使い
両脇にVリングや一文字リングのダイヤを配置し豪華でありながらシンプルに
使いやすくリフォームされます。立爪ダイヤと一文字Vリングを一緒にリフォームするとなると
量産品では対応できないのです。
なぜなら量産品の脇石ダイヤの大きさ、形がお客様の一文字リングVリングと会わないからです。

手造りのオーダーメイドリフォームになりますと10万円は費用が掛かりますが
立爪の指輪もVリング一文字リングも品質の良いものをお持ちなのでまるで
新品にリフォームできた指輪のダイヤモンドの光には
価値が上がったと、とてもご満足頂いております。

手作りリフォーム製作の流れ。
手作りリフォーム製作の流れ

立爪ダイヤとダイヤVリングを合わせて余すことなくリフォームさせていただきました。

リフォーム前-No18149
リフォーム前

2本のプラチナを合わせて作るので
幅が広く重みのある贅沢な指輪にリフォームさせていただきました。

リフォーム後-No18149
リフォーム後_No12480-1
      

No23955 23956

デザインスケッチ

木の葉型(マーキス型)ダイヤVリングをリフォームさせていただきました。お祖母さまの指輪を、お嬢さまとお孫様がつけられるようにリフォーム。引っかかりがなく使いやすくデザインは、ウェーブを基調にした優美なものです。
出来上がりは優美なものですが、古い枠を溶かして作りました。余すことなく受けつかれてゆくジュエリーが出来上がりました。あなたのジュエリーのお悩みを解決します。
← スケッチをクリックすると大きくなります。

リフォーム前
ペンダントリフォーム前
アイコン_矢印
リフォーム後
ペンダントリフォーム後